着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

千葉県の代表的な工芸品でもある
とんぼ玉」が注目を集めている理由とは

東京からもほど近い所にある千葉県には、昔から沢山の工芸品がありました。織物や線食品、木工細工、竹細工、和楽器や郷土玩具など色々なジャンルで素晴らしい物が作られ続けておりますが、最近特に話題に上がる事が多いのが「とんぼ玉」という工芸品です。

このとんぼ玉とはどのような工芸品なのかというと、穴の開いている綺麗なガラス玉のことで、2色以上のガラスを使って作られるため、色々と個性的なデザインの物も多くなっております。現在のガラス玉作家の作品もありますが、マニアの方になると数万円もするようなアンティークのガラス玉を収集している方も多く、国内外から注目を集めている工芸品となっております。 千葉県内の工房では、とんぼ玉に気軽に触れてもらえるようにととんぼ玉作りを体験する事ができるイベントなども開催されております。もちろん職人さんが作るような細かく繊細なとんぼ玉は作れませんが、とんぼ玉体験では、かなり満足度の高い作品を作る事ができます。

とんぼ玉の作り方は、最初に元となるガラス棒をバーナーで溶かします。溶けたガラスを芯棒に巻きつけるようにして巻き取ります。ちょうど良い大きさになったら切り離して巻き取ったガラス玉を回しながら形を整えます。火から離せば10秒ほどで固まりますので、そのまま冷えるまで放置すれば完成です。とんぼ玉自体は簡単な製法なのですが、その分、職人さんのテクニックや個性が出やすい製造工程だといえます。

とんぼ玉は、日本人らしい繊細な美意識をガラス玉に閉じ込めて表現している所が魅力的です。かんざしなどに使われているのが本来の使われ方でしたが、最近ではより多くの方に使いやすいようにとチョーカーやピアス、ブレスレットなどにも使用されるようになっております。特に夏などの薄着のファッションや花火大会などに着る浴衣などとの相性は抜群ですのでおすすめです。それぞれのとんぼ玉は、値段も大きさも、もちろんデザインなども全く違っておりますので、ぜひ使用目的やファッションに合わせてお気に入りをみつけてください。

佐倉市は着物が映える
歴史を感じる人気スポットが沢山ある

千葉県の佐倉市は、千葉県の中央よりの北部にある市になります。印旛沼に面しており古くから発展してきたエリアで、世界的に有名な原始古代遺跡跡があることでも有名になりました。江戸時代の初期には、以前から度重なる不幸によって完成されていなかった鹿島城を改造し佐倉城を完成させ、佐倉は佐倉城の城下町として非常に発展し続けました。現在では、佐倉市の中心となっている佐倉駅が成田線や総武本線が乗り入れている事から、東京都心や近隣エリアの都市へのベッドタウンとして人気となっており、千葉県内では9番目の人口の多さとなっております。

この千葉県の佐倉市はベッドタウンとして人気になっているだけでなく、関東エリアの中でも人気の観光スポットとして認知されるようになってきております。こちらの佐倉エリアには、いわゆるインスタ映えするスポットが点在しており、休日ともなると多くの方が訪れるようになっております。特に平成28年度に日本胃酸に認定された城下町の風情が残っている佐倉市の中心街は、着物姿で歩けば、普段は着る事のない着物にテンションが上がりながら、どことなくノスタルジックな風情を味わう事ができると人気になっております。自分の着物を持っていない方は、京成佐倉駅から徒歩10分くらいの所にある「佐倉一里塚」でレンタルするのがおすすめです。予約が必要になりますが、着物レンタルと着付け料金で3000円という破格値となっており、かなりコスパが高くなっております。

また、佐倉市の人気観光スポットの旧堀田邸や佐倉武家屋敷、佐倉順天堂記念館なども徒歩圏内にありますので、ゆったりと着物で散策する事ができます。特に旧堀田邸のさくら庭園は、ここだけでしか味わう事ができない佐倉茶を味わう事ができますので、ぜひ佐倉市に行ったら訪れて欲しいスポットです。同じくインスタ映えするスポットとして人気なのが、佐倉市にあるひよどり坂です。このひよどり坂は、京都や鎌倉に勝るとも劣らない素晴らしい竹林を見せてくれます。関東最大級の武家屋敷が集まったエリアにひっそりと佇んでいるひよどり坂は、東京都心から1時間と言う抜群の立地条件もあり、多くの方が訪れるようになっております。

千葉県の鴨川市で作られている
ド派手なデザインの萬祝半天とは?

千葉県の鴨川市は、千葉県の南東部にある港町です。太平洋に面しているエリアで、昔から漁業が盛んなエリアです。鴨川市を代表する観光スポットの鴨川シーワールドには、一年を通じて多くの観光客が訪れており、東京都心からは海ほたるを利用して訪れております。沿岸部は漁業が人気となっておりますが、長狭地区などは昔から米つくりが盛んな米どころという事もあり、田畑の広がる農業エリアとなっております。

この千葉県の鴨川市で造られている萬祝半天は、江戸時代から作られ続けている萬祝着の染色技法が用いられている半天です。日本古来から作られている着物というとどうしても繊細で淡い色使いなどを想像されたり、着物の素材を活かすようなデザインの図柄をイメージされるかも知れませんが、萬祝半天は、原色を大胆につかった派手な構図とデザインが特徴となっており、見ている人を元気にしてくれるようなポジティブな印象を与える半天になっております。

なぜ萬祝半天が、従来の染物文化とは違った道を進み続けているのかというと、そもそも萬祝半天は、漁師町で生まれた文化だからです。萬祝半天は大漁や豊漁の時にその苦労をねぎらったり、大漁をお祝いするために網元から漁師たちに配られてきたものですので、より目立ち、より派手になるような漁師の大漁旗のような美的感覚が喜ばれてきたという背景があります。

萬祝半天の特徴は、やはり見ているだけでテンションが上がってしまうようなおめでたい色使いとデザインです。萬祝半天には、松竹梅やツルやカメのようなおめでたいモチーフが選ばれています。萬祝半天は、日本の漁業文化を代表する芸術とも言われている世界的にも重要なアイテムとして人気となっております。おめでたい席だけでなく日常的に使用する事ができる万祝の工房では、帽子やカバン、テーブルクロスなどより日常的に萬祝の文化に触れられるようなアイテムが発売されており、お土産などに購入する方が増えております。最近ではインターネットなどで気軽に購入する事もできるようになってきておりますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

買取エリア

旭市/我孫子市/安房郡(鋸南町)/夷隅郡(大多喜町/御宿町)/いすみ市/市川市/市原市/印西市/印旛郡(栄町/酒々井町)/浦安市/大網白里市/柏市/勝浦市/香取郡(神崎町/多古町/東庄町)/香取市/鎌ケ谷市/鴨川市/木更津市/君津市/佐倉市/山武郡(九十九里町/芝山町/横芝光町)/山武市/白井市/匝瑳市/袖ケ浦市/館山市/銚子市/長生郡(一宮町/白子町/長生村/長南町/長柄町/睦沢町)/千葉市/東金市/富里市/流山市/習志野市/成田市/野田市/富津市/船橋市/松戸市/南房総市/茂原市/八街市/八千代市/四街道市