着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

愛媛県松山市に受け継がれる
素朴でやさしい風合いの伊予絣

伊予絣と書いて、「いよかすり」と読みます。伊予の名が冠されている通り、これは愛媛県特産の絣生地となっています。愛媛生まれの女性が生み出したことにより、愛媛県松山市の特産として現代に至り好まれ続けています。

その名の通り、絣模様が特徴的です。平織りの先染めによってつくられるのですが、文様や柄に繊細なぼかしを加えることで、独特のやさしい印象が表現されています。さすがは女性が考案した織物といったところでしょう。その魅力は全国的にも有名であり、久留米絣、備後課と並び日本三大絣のひとつに数えられています。

製造には、伊予絣が登場する以前から使われていた、木綿縞作りに使う高機が使われていました。西陣に使う花機を参考に、当時の職人が改良を重ねて仕上げたといわれています。繊細な糸づかいによって織り上げられる伊予絣ならではの模様は、これにより生み出されていたのです。

伊予絣は、いずれも藍色の素朴な色味が特徴的な藍染に分類されます。井桁や十字といったシンプルなデザインがほとんどですが、中には個性的な絵柄をもちいたものもあり、バラエティーに富んでいます。普段着や和服、また小物、インテリア雑貨など、あらゆる面で活用されています。シンプルであるからこそ、あらゆる種類の製品にフィットするのでしょう。

そんな伊予絣ですが、残念ながら工場はかなり数を減らしています。それこそ、かつては高機の登場により藩から援助を受けられるほどでもありましたが、2018年現在、残されている織物屋はわずか1件しかないそうです。

歴史は古く、江戸時代後期の1782年にまでさかのぼります。現在の愛媛県松山市西垣生町にあたる、国垣生村に生まれた女性が、手先の器用さを活かして誕生させたそうです。以後、伊予絣は伊予名物となり、それこそ数多くの家が機織りに勤しんだと伝えられています。作り手問題に直面する昨今ではありますが、人気自体はむしろ高まりすらみせてきています。これからも、ぜひ後世へ伝え続けて欲しいものです。

愛媛県松山市
大事な着物を買い取ってもらうなら

松山市は、愛媛県北中部に位置する県庁所在地です。市の北部、そして複数有する小島で広く瀬戸内海に面しており、マリンビューに富んでいます。全区国的にそこまで存在感を誇る市でもないかもしれませんが、こと中四国では広島市・岡山市に次ぐ三番目の人口約51万人を誇る大型都市に他なりません。約429キロ平米と、面積規模が比較的小さいことを考えれば、なかなかに栄えていることが窺えるでしょう。

豊かな海もさることながら、温泉資源に恵まれた地域として知られています。名湯として知られる道後温泉を有しており、湯治の旅を目的とした観光客が少なくありません。道後温泉本館においては、ゆうに3,000年もの歴史を誇っており、建造物としても見ごたえ感じられることでしょう。

またもう一点忘れてはならないのが、文豪にゆかりがあるという点です。お札に描かれた人物としても有名な小説家や、教科書でもお馴染みの俳人が好んだ歴史があり、それもまた観光資源として生かされています。正岡子規歌碑や坊ちゃん列車、坊ちゃんスタジアムなど、文学の歴史窺えるスポットが多くみられます。こうした理由から、街全体のキャッチコピーを「いで湯と城と文学のまち」としているところも何とも特徴的です。

松山市で着物を売るなら、ぜひ専門業者を役立てましょう。近年はネットオークションやリサイクルショップも流行りではありますが、やはり正しい評価で引き取ってもらうなら、専門店に越したことはありません。そしてさらに以下のポイントを意識すると、より高く売れる可能性が高まります。

まずひとつに、買い取り実績の確認です。同じ着物買取業者でも、実績はそれぞれ異なります。そしてやはり満足度の高い業者は、実績も豊富です。優良店を探す上での、大きな指標となることでしょう。

近年の着物買取におけるトレンドは、出張買取です。着物は、結構重さや大きさを伴います。また傷めないために、扱いも注意しなくてはなりません。その点、出張料、査定料、さらにはキャンセル料までもが無料の業者は、気兼ねなく利用しやすいです。多くの業者がこの条件を取り入れているので、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょう。

古くから海上交通で栄え続ける
愛媛県今治市の着物買取

愛媛県今治市は、県北端に位置する市です。面積は約419キロ平米、人口密度は1キロ平米あたり約368人と、ゆとりをもって過ごせるような人口となっています。また四国側に面する地域のほか、瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の島々も数多く有しています。そのことから、古くから海上交通の要所としての役割を担い続けています。

臨海地域が充実しているだけに、やはり漁業が産業の中心的存在となっています。特に、海の恵み豊かな瀬戸内海に育まれたマダイ漁は有名となっており、2015年においては国内2位の510トンの漁獲量をも記録したほどです。激しい潮流にもまれ身の締まったマダイ、今治市を訪れた際にはぜひ味わうべき味覚といえるでしょう。

また忘れてはならないのが、タオルの生産です。海とは関係がない産業のようにも思えるかもしれませんが、今治といえばタオルといっても過言でないほどに注力されています。それこそ、全国生産量の5割をも占める、日本を代表する産地ですらあります。一部高品質な製品に関しては、今治タオルのブランド名すら冠しており、一大産業に他なりません。

そんな今治市で着物買取を検討するなら、宅配買取がおすすめです。離島に住む人は、わざわざ遠方の買取店に着物を持ち込むというのもちょっとした手間となってくるでしょう。その点、家に居ながらにして買取してもらえる宅配タイプは、何とも助かります。ただ量によってそれなりの手間となる、入金までに数日かかる場合もあるというデメリットも伴うため、メリットデメリット双方照らし合わせて検討すべきでもあります。

注意点としては、梱包時についてです。大事な着物だけに、少しでも良い状態で査定に出したいところでしょう。その点、梱包が不十分だと店舗到着時に傷んでいるかもしれません。おすすめは、宅配キットを無料で利用できる買取店です。着物を収めるのに十分なサイズの段ボールと、ガムテープや伝票等を一式そろえて送ってくれます。初めての梱包でも、きれいに収められるでしょう。

買取エリア

今治市/伊予郡(砥部町/松前町)/伊予市/宇和島市/大洲市/越智郡(上島町)/上浮穴郡(久万高原町)/北宇和郡(鬼北町/松野町)/喜多郡(内子町)/西条市/四国中央市/西予市/東温市/新居浜市/西宇和郡(伊方町)/松山市/南宇和郡(愛南町)/八幡浜市