着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

高知市で着物の買取を
考えている方へ

高知県高知市は太平洋に面しており、四国の中南部にある街です。土佐藩の城下町で、明治維新で活躍した坂本龍馬や中岡慎太郎を輩出した街としても全国的に有名です。人口は33万人ほどで、四国の太平洋側に位置する都市では中心的な存在です。年中暖かな気候で、台風などの影響も受けやすく雨が多いことでも知られます。観光地には高知城や坂本龍馬の像があることで有名な桂浜、市の中心部にあるはりまや橋などがあります。また、ひろめ市場には飲食店を中心に様々な店舗が入っており、地元の人にも観光客にも人気のあるスポットです。高知市の郷土料理にはカツオのタタキや皿鉢料理(さわちりょうり)という大きなお皿の上に刺身や寿司など様々な料理を盛り合わせたオードブルのような料理もあります。名産品にはフルーツトマトや分担、小夏といった柑橘類の栽培も盛んです。毎年8月にはよさこい祭りが開催され、国内外からたくさんの見物客や観光客が訪れます。

高知市に住んでいて着物を買い取ってもらいたいと考えている方もいるでしょう。着物は意外と重く、リサイクルショップまで持っていくのは大変だと考える人でも気軽に着物の買取をお願いできる方法について紹介します。

まず、査定員が自宅まで訪問して品物を見てくれる出張買取という方法があります。着物をたくさん持っていて持ち出すのが大変な方や、高価な着物の査定を自分の目で確認死体という方などにお勧めです。査定員が目の前でしっかりと見てくれるので安心して任せることができるだけでなく、追加の依頼が出た時もその場で対応が可能です。

次に宅配買取という方法があります。査定員を自宅に招くのは嫌だという人や日中になかなか時間が取れないという人にお勧めです。買取依頼をすると自宅にダンボールが届くので、査定をお願いしたい品物を入れて自分の好きなタイミングで宅配便で送ってしまえば完了です。

出張買取、宅配買取双方にメリットデメリットがあります。利用しやすさや、査定しているところを自分で見たいという点でどちらを選ぶか考えてみてはいかがでしょうか。

高知県南国市で着物の買取を
考えている人へ

高知市の隣に位置する南国市は、とさでん交通の路面電車も走るのどかな街です。市の名前をパッと見て「なんごくし」と答える人も多いようですが、市の正式名称は「なんこくし」になります。高知龍馬空港も南国市にあり、高知の空の玄関口としても広く利用されています。市の北部は山林地帯が広がり、南部には高知平野が広がっています。平安時代に紀貫之が土佐日記を記した土地もこのあたりだとされています。観光地には国の史跡でもある岡豊城跡や下田城があります。岡豊城は戦国時代に四国を支配していた長宗我部氏が居城としている場所でした。南国市の特産品には葉ニンニクがあります。南国市は古くから葉ニンニクの栽培が盛んな場所で、高知では伝統野菜として「ぬた」にして食べるなど身近な食材として扱ってきました。また、温暖な気候を活かして作られるししとうは高知県が全国シェアのおよそ半分を占めており、中でも南国市は県内トップの生産量を誇っています。

南国市の人で、着なくなってしまった着物の買取を希望している方もいらっしゃるでしょう。着る機会がなくなってしまったとはいえ、様々な思い出の詰まった着物はできれば高く買い取ってもらいたいものです。しかし、着物は購入する時にはかなり高価な品物のわりには買取価格が安い為驚かれる人も多いです。もちろん着物の状態や作家物や高級着物によっても金額が変わりますが、近くにあるリサイクルショップなどに持ち込むよりも高額買取が期待できる方法があります。

それが全国からネットで着物の買取をしている買取業者にお願いする方法です。忙しい人もインターネットで申込みができるので自分の時間が空いている時にできるものメリットです。

ネット買取をお願いするときに気をつけたいのが業者の選び方です。着物の買取専門店で、買取実績の豊富なところがおすすめです。沢山の商品を見て価値を知っている目利きのスタッフがいるところが安心です。口コミなども参考にしながら使いやすく評判の良い業者を探してみましょう。

高知県四万十市で着物の買取を
考えている方へ

高知県南西部に位置する四万十市は、清流四万十川が流れる風光明媚な街です。人口は高知県内で第3位を誇り、京都を模した碁盤の目状の街づくりをしているため「土佐の小京都」とも呼ばれています。中村城跡からは街を見下ろすことができ、観光スポットにもなっています。四万十市を流れる清流四万十川は四国最長の川で、日本三大清流の1つにも数えられています。四万十川では観光遊覧船やカヌー体験など、川をいかした観光業も盛んです。四万十川では昔から漁業が盛んで天然のウナギやアユなどの魚介類や青海苔が獲れることで知られています。また、四万十川には川の水が増水すると沈んでしまう沈下橋もあり、観光地にもなっています。四万十市の特産品には全国有数の産地と知られるヒノキや棚田で育てられる四万十の米、ショウガやイチゴ、トマト、大葉などの野菜や果物も各地に出荷されています。四万十の水を使って造られる地酒や甘味のあるしょう油もお土産などで人気の品です。

豊かな自然を誇る四万十市ですが、四万十市にお住まいの方で、譲り受けたり自分で買ったものの着なくなってしまった着物を買い取ってもらおうかと悩んでいる人もいるかと思います。着物買取を行う上でのメリットとデメリットについて紹介します。

着物の買取には自分で店舗に持ち込む方法の他にもインターネットで申込みをして宅配で着物を送る宅配買取や、査定員が自宅まで来てくれる訪問買取があります。着物は意外に重さがあるため、たくさん着物がある場合には自分で店舗まで持っていくのは大変です。宅配買取や訪問買取であれば自分で持ち込む時に生じるこのようなデメリットを解消することができます。

訪問買取は、査定員を家に招き入れるのが嫌だという人にはその点がデメリットになるかもしれませんが、目の前でしっかり査定してもらう様子をチェックできるというメリットがあります。一方の宅配買取は自分の好きなタイミングで査定に出すことができても訪問買取のように査定員がしっかりみているかどうか分からないというデメリットがあります。どちらの方法でもメリット・デメリットがあるので自分に合う方法を選びましょう。

買取エリア

吾川郡(いの町/仁淀川町)/安芸郡(馬路村/北川村/芸西村/田野町/東洋町/奈半利町/安田町)/安芸市/香美市/高知市/香南市/四万十市/宿毛市/須崎市/高岡郡(越知町/佐川町/四万十町/津野町/中土佐町/日高村/檮原町)/土佐郡(大川村/土佐町)/土佐市/土佐清水市/長岡郡(大豊町/本山町)/南国市/幡多郡(大月町/黒潮町/三原村)/室戸市