着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

緻密な細工が美しい京都府で
作られる扇子、京扇子

世界的に高い評価を得る日本の伝統的工芸品ですが、中でも京都のものは繊細でつくりがこだわられていると評判高いです。京扇子もまたそんな京都府に伝わる扇子工芸であるため、緻密で美しい仕上がりが特長的となっています。

京扇子の定義は、基本的に京都府やその近郊で作られた扇子といわれています。ですが、だからといってすべての扇子が伝統的工芸品を名乗れるわけではもちろんありません。京都扇子団扇商工協同組合に登録されている組合員のみが名乗れる商標となっており、正式に認定された職人の扇子こそが該当するといえます。

何かと廃れる傾向が嘆かれがちな伝統工芸ですが、京扇子に関してはそうでもありません。最盛期と比べるとやはり需要は落ちているそうですが、現在でも扇子を好む人は多く、また何より京扇子は美術工芸としての価値も大きく秘めています。そのため、装飾性に焦点を当てて楽しむ人も少なくありません。古くから伝わる京扇子ですが、今なお京都府において広く作り続けられています。扇骨加工・地紙加工・加飾・折加工といずれの工程も手作業でおこなわれており、職人のこだわりが随所に感じられてなりません。

京扇子と一口にいっても、実は種類豊富です。前述の通り、定義は京都府またはその近辺において、組合員が作る扇子であるわけですから、さまざまに存在しているのです。主には、清涼感のある夏扇、舞踏に適した華やかなデザインの舞扇、お茶席向けの茶扇、ヨーロッパから逆輸入された洋風の雰囲気を有する絹扇、祝い事でもちいる祝儀扇など、多種多様です。

扇子の歴史は古く、記録に残るだけでも慶長元年にはすでに使われていたといわれています。この年に作られた仏像の中から発見された桧扇が、日本最古のものとして保存されています。京扇子のような竹と紙でできたもの、そして逆輸入品である絹扇などは、時代を経て生み出されていきました。特に生産が盛んであったのが京都府と愛知県であり、扇子の二大産地として知られています。

伝統的な風景を多く残す
京都府京都市で着物買取

京都府は、もはや説明不要かもしれません。日本を代表する古都であり、世界的にも日本の歴史感じられる観光地として知られています。貴重な寺社仏閣が多数点在しており、外国の人はもちろん日本人においても見ごたえがあります。そんな貴重な景観を守るため、府内では建物の高さ制限や店舗の色指定などまでおこなわれているこだわりようです。

京都市は、そんな京都府の府庁所在地となっています。府南部に位置しており、約828キロ平米は府内最大規模を誇ります。関西を代表する都道府県の中心的な市だけに、人口も約147万人と大きな賑わいが感じられそうな人数となっています。

観光の目玉は、やはり府内さまざまに点在する寺院でしょう。うち賀茂別雷神社・賀茂御祖神社・教王護国寺・清水寺等17件については、世界遺産にも登録されています。世界的な観光ガイドにも際立てて紹介されているため、外国の観光客にも人気のスポットです。また、博物館も豊富にみられます。芸術の街としての側面も押し出しているため、伝統的な文化から近代的な芸術まで、振り幅広く楽しめるでしょう。

着物もまた、京都同様に日本の歴史を感じさせる存在に他なりません。そのため、京都に住んでいる人で買取を検討しているというケースは少なくないでしょう。できるだけ好条件で手放して、買い替えなどに役立ててみてください。

ポイントは、まずひとつに状態のチェックです。手放すことを検討しているほどの着物となれば、結構古くなっていることも考えられます。汚れや傷みの少ない状態の方が、やはり価値はつきやすいです。そのため、思い立ったら早めに査定を検討することをおすすめします。

また大きなポイントとして、付属品についても忘れてはなりません。同じ着物であっても、付属品の有無だけで価値が上下するということもゆうに考えられます。京都府京都市の着物買取店ともなれば、厳しい査定の目を持つプロフェッショナルな査定士も多いことでしょう。少しでも良い評価を得られるよう、できる限りの準備をした上で依頼するようにしてください。

古くから栄え続ける
京都府西部の市、福知山市

福知山市は、京都府の西部に位置する市です。約553キロ平米の広さを誇っており、府内でも有数の存在感を誇っています。星型のような市章が特徴的ですが、実はこれは星ではなく、カタカナの「フ」の文字を9つ合わせて作ったロゴです。「フ」が九で「フク」という粋なセンスによるもので、何ともユニークです。

京都府といえばかつての都ですが、古くから人でにぎわう地であったと考えられています。16世紀には福知山城城下町として栄え、鋳物や呉服づくりで盛り上がりました。またさらには、縄文時代にもすでに人が住んでいた地と考えられており、日本の歴史を語る上でも外せない地域となっています。

特産品は、報恩寺のタケノコ、黒大豆、丹波栗といった山の幸です。市全体が内陸に位置するため、豊かな自然を活かした農作が根付いているのです。またその他に、京都独自の野菜である京野菜も育てられています。また歴史を辿ると、藍や生糸といった織物にまつわる産物もみられたそうです。時代の流れや戦争の影響によって現代では衰退してしまっていますが、上質な着物を先祖代々受け継いでいる、そんな家も多いかもしれません。

大事な着物を高く売りたい、そんなときは、買取業者選びにこだわってください。たとえば、買取実績がどうなっているかの確認です。実績が豊富かどうか、そして適切な価格でやりとりされているかで、良い業者を見分けることができます。

次に、買取品目です。実は、同じ着物買取業者でも、店舗によって取り扱いが異なることも少なくありません。査定を予定しているものが取り扱われていなければ、もちろん買取は期待できません。要望に合った業者を選びましょう。

そして最後に、買取方法です。着物買取は、主に店舗買取と宅配買取に分かれます。近隣に店舗があるなら持ち込んでも良いかもしれませんが、遠方にしかないようなら宅配が便利に感じられます。京都府福知山市は、冒頭の通り広大な市であるため、宅配が魅力的に感じられることの方が多いかもしれません。ぜひ注目してみてください。

買取エリア

綾部市/宇治市/乙訓郡(大山崎町)/亀岡市/京田辺市/京丹後市/京都市/木津川市/久世郡(久御山町)/城陽市/相楽郡(笠置町/精華町/南山城村/和束町)/綴喜郡(井手町/宇治田原町)/長岡京市/南丹市/福知山市/船井郡(京丹波町)/舞鶴市/宮津市/向日市/八幡市/与謝郡(伊根町/与謝野町)