着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

三重県に伝わる着物文化
その技術について

肌触りがよく通気性の良い木綿は、丈夫で古くから人々に愛されてきた素材です。昔は木綿の着物は庶民が着る普段着として使われており、古くなったり傷んでしまった着物もハギレにして雑巾などに使っていたそうです。三重県では昔から着物に関わる工芸が盛んで、伊勢木綿や松阪木綿といった木綿の布の他、友禅やゆかたの柄を染めるのに必要な型紙の生産も行われてきました。三重県に伝わっている着物にまつわる工芸品について紹介します。

三重県は気候や水資源、土の良さに加え肥料となるイワシの輸送に恵まれていたこともあり、江戸時代から綿花の生産が盛んだった場所で、そこで作られる伊勢木綿は伊勢神宮に参拝する人々のお土産としても人気を得ていました。最初は農業と兼業するようにして始められた綿花作りですが、販路が江戸へ広がるにしたがってその生産も拡大していきます。伊勢木綿はその独特のやわらかい手触りや着心地の良さから現在でも人気があります。現在作られている伊勢木綿は明治時代に作られた自動織機で、一反織るのに丸一日かかるくらいのゆっくりとしたスピードで織られていきます。スピードを速くしてしまうと糸が切れてしまうということで、ゆっくりと織るこの古い機械で丁寧に織られています。

松阪牛のブランドなどでも知られる三重県松阪市には、古くから受け継がれている松阪もめんがあります。松阪もめんの特徴は、「松坂嶋(まつさかじま)」と呼ばれる特有の縞模様にあります。天然の藍を使って先染めされた糸で織った縞模様があり、老若男女問わず幅広く愛されてきました。

染物で模様染める時に必要になってくるのが型紙です。伊勢型紙は熟練した職人による手作業によって和紙を加工した紙に模様や図柄を丹念に彫っていきます。定規彫刻刀を使って均等な縞柄を掘る「縞彫り」や刃先が1mmほどの小刃で突くようにして彫る「突彫り」など様々な彫り方があります。美しいアートのような彫りの技術は着物の豊かな模様を作る上では欠かせない存在です。

やわらかな手触りが特徴の
伊勢木綿

木綿の布はやわらかな肌触りが気持ちよく、現代でも洋服や小物の生地として使われています。日本で綿の栽培が行われるようになったのは室町時代にまで遡ります。様々な土地で綿の生産は広がりましたが、中でも三重県の伊勢地方は気候や土に恵まれているだけでなく、肥料として使われていたイワシの輸送にも適していた場所だったため綿栽培が盛んになりました。江戸時代に入ると、伊勢神宮へ参拝したお土産に伊勢で作られた織物が人気を博し、伊勢木綿として広がるようになります。

伊勢木綿の最大の特徴はそのやわらかさです。単糸(たんし)と呼ばれるベーシックな糸を用いますが、切れやすいため良質な綿から取り出したものでなければ織ることができません。良質な糸で丁寧に織られているため伊勢木綿の生地は洗っても硬くならず、反対にしなやかさを増していくという特長があります。

伊勢木綿の織り方にも特徴があります。単糸はとても切れやすいため強い撚りをかけず、澱粉糊で補強してゆっくりと織り上げます。伊勢木綿で使われている織機は明治時代に作られたもので、現在ではもう生産されておりません。自動織機ですが1分間に織れるのは3センチ程度で、現在の機械を使えばもっと速いスピードで織ることもできます。しかし、スピードを上げると糸が切れてしまうため、1反を織るのに丸一日かかってもこの織り方を守り続けています。こうしてゆっくりと織るからこそしなやかな伊勢木綿に仕上がるのです。

伊勢木綿のデザインは格子柄をはじめとしてベーシックで飽きの来ないものが多いです。木綿の布というと少し暗めの色合いをイメージする人もいるかと思いますが、伊勢木綿は現代的な明るい色調のものもあります。カジュアルに着物を着てみたいという人や、バッグなどちょっとした小物に取り入れたいという若い人にも人気が出そうなデザインになっています。木綿の着物は正絹と違い手入れが楽で自宅で水洗いできる手軽さもあり、これからますます注目を集めそうです。

美しい藍色が特徴の
松阪もめん

三重県松阪市は県の中部に位置している街です。伊勢湾にも面し、ブランド牛である松阪牛の生産地としても有名です。江戸時代には伊勢商人によって様々な物資が江戸へと運ばれていく中で、松阪もめんと呼ばれる縞模様の生地が江戸でブームを起こすほど人気を呼びました。松阪もめんの歴史と、その特徴について紹介します。

日本に綿花が持ち込まれ、栽培されるようになったのは室町時代に入ってからだと言われています。木綿の着物は丈夫で手入れが簡単ということもあり、庶民の間で普段着として用いられていました。平和な江戸時代に入ると、日本国内でも気候が安定していて栽培に適した地域では綿花を作るようになり、各地で作られた織物も江戸へと出回るようになります。特に三重県の伊勢地方は、気候や土に恵まれているだけでなく、肥料として使うイワシも手に入れやすかったこともあり、農業の傍らで綿栽培や織物を作るようになって着ました。こうしてできた生地は伊勢商人たちの手によって伊勢織物という名前で江戸に持ち込まれます。その中でも特に人気が高かった物が松阪もめんです。当時の江戸では倹約令が出されており、贅沢や派手な格好をすることが禁止されていました。松阪木綿は藍で染め上げた美しい色をしており、遠くから見れば無地に見えるものの、近づくと細かい縞模様が入っていて洒落ているということで江戸っ子たちの心を掴んだそうです。この美しい藍色の縞模様のことを「松坂嶋(まつさかじま)」と呼びます。

松阪もめんは三重県指定伝統工芸品にも指定されており、市内にある施設では松阪もめんの反物だけでなく、バッグや財布などの小物や洋服なども販売されています。機械織りのものもありますが、現在でも伝統的な手織りを守って作られているものもあります。施設内では実際に機織り体験ができ、予約をすればコースターなどの松阪もめんを使ったオリジナルのグッズを作ることができます。伝統的な色の中に新しさも感じる松阪もめんは若い人にも人気が出そうです。

買取エリア

伊賀市/伊勢市/員弁郡(東員町)/いなべ市/尾鷲市/亀山市/北牟婁郡(紀北町)/熊野市/桑名郡(木曽岬町)/桑名市/志摩市/鈴鹿市/多気郡(大台町/多気町/明和町)/津市/鳥羽市/名張市/松阪市/三重郡(朝日町/川越町/菰野町)/南牟婁郡(紀宝町/御浜町)/四日市市/度会郡(大紀町/玉城町/南伊勢町/度会町)