着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

職人の技が光る
長崎べっ甲の魅力

熱帯地方に生息するタイマイというウミガメの甲羅を加工して作られた「べっ甲」は古くから装飾品として世界各地で愛されてきました。日本でもその歴史は古く、1300年程前に当時の中国の都、隋に渡った小野妹子が持ち帰った美術品の中にも含まれている他、奈良県にある正倉院にも日本に実在する最古のべっ甲が保存されています。江戸時代に入り日本が鎖国すると、べっ甲の材料となるタイマイの甲羅はオランダと中国との貿易港であった長崎に入るようになります。こうしたことから長崎ではべっ甲細工の職人が集まり、その技術が発展していきました。長崎で作られたべっ甲細工は元禄時代になると遊女が使う櫛やかんざしなどの装飾品として人気を集めるだけでなく、お土産品として海外でも人気を得るようになります。戦後はアクセサリーや眼鏡のフレームなどにも使われ、庶民の間にも広がるようになりました。

べっ甲細工はまずデザインを考えるところから始まります。江戸時代はべっ甲を使った化粧箱や置物なども作られていましたが、現在ではもっと身近に取り入れやすいペンダントやブローチなどのアクセサリーをはじめとした身近な商品も作っています。べっ甲はそれぞれに大きさや厚みが異なるのでどんなものを作るのか明確にイメージを固めておくことが大切だそうです。

背甲や爪などの中から作品に合うパーツを選び、色や厚みが適しているものを探します。甲羅に型を描いたら形に合わせて糸鋸(いとのこ)で切り抜いて甲羅を重ねます。そして熱でプレスをかけて乾燥させます。乾燥させたものを彫刻して加工し、サンドペーパーで磨きをかけるとツヤが出てきます。こうして手間隙をかけながら長崎べっ甲は作られています。長崎べっ甲を作っている工房では実際に自分でペンダントなどを作ることができる体験コースを開いているところもあります。長崎に旅行に出かけた際にはお土産に長崎べっ甲のアクセサリーなどはいかがでしょうか。

長崎市で着物の買取を
考えている人へ

長崎県長崎市は古くから貿易で栄えてきた街としてだけでなく、夜景が美しい街としても有名です。その夜景は日本三大夜景に数えられているだけでなく、2012年には香港・モナコと並ぶ世界新三大夜景の街としても認定されました。日本が鎖国していた江戸時代では長崎の出島は国内で唯一の貿易港としてオランダ・中国と国際貿易を行ってきました。そのため市内にはところどころに異国情緒あふれる街並みが残されており観光客にも人気があります。住宅街の多くは山の上にあり、坂が多いことから坂の街とも言われます。市の中心部には浦上川と中島川の2つの川が長崎港へと流れています。貿易によって栄えた街ということもあり、名産品には異国の文化を取り入れて独自に発展していったものも多くあります。長崎ちゃんぽんや皿うどん、カステラは全国的にも知名度が高く、お土産としても人気です。その他にも1つの皿にピラフやドライカレーとナポリタンスパゲッティ、豚カツなどの複数の料理が載せられているトルコライスは長崎市を中心として人気の高いご当地グルメです。

大切な家族から譲り受けた着物や、人から贈られた着物など思い入れのある着物をお持ちの方は沢山いらっしゃるでしょう。しかし、様々な理由で着物を手放さなければならないこともあります。長崎市で着物の買取を考えている方に、大切な着物をできるだけ高く買ってもらうポイントについて紹介します。

着物の買取で価格を左右するのは何と言っても状態です。勿論、未使用のものや使用後でも状態の良い物のほうが値段は高くなります。保管状態も重要なので、箪笥の中にある着物にカビがきていたり傷んでいないか確認してみましょう。

更に、買い取ってもらう時にはできるだけ付属品は揃えて持っていくようにすると効果的です。中でも証紙があるとないとでは価格が大きく変わることがあります。もし証紙が無い場合も、たとう紙に購入した店舗などが書いてある場合があるのでそれを参考に値段を決めることもあります。証紙やたとう紙、そして箱はできるだけ無くさないようにしましょう。

長崎県島原市で着物の買取を
考えている方へ

長崎県島原市は島原半島に位置し、江戸時代に島原の乱が起きた街としても知られています。日本史の教科書にも登場する島原の乱の舞台ともなった島原城は、江戸時代に入ってすぐの1618年から建設がはじまり、7年かけて築城しました。島原城の当時の藩主であった松倉重政は藩が維持できる石高に見合わない規模の城を建ててしまったがために、財政難に陥ってしまいます。それを補う為、非常に重たい税をかけたことから農民たちが反発し、更にキリシタンの弾圧を強行したために農民たちとキリシタンが一緒になって一揆を起こしたのが島原の乱です。この乱により当時の島原の住民のほとんどが命を落としてしまったと言われています。その後は農業や漁業を中心に産業が発展しただけでなく、現在は島原城や島原武家屋敷街などは観光地としても賑わっています。島原の名産品には肥沃な土地で育った白菜や臭みが少なく甘味のある雲仙スーパーポーク、島原牛乳や島原和牛などがあります。

長崎県島原市周辺で着物の買取ができる店を探しているという方もいるかと思います。せっかく着物を買取に出すのなら、できるだけ高く買い取ってもらえるところを選びましょう。しかし、購入する時には高いと思う着物ですが、買取ではそこまで高い値段がつかないということもあります。

まずは着物買取の相場を知っておきましょう。着物の買取価格は状態の良さに加えて種類や作家物や有名産地のものかなどによって大きく変わります。中には数万円や数十万円の価格がつくものもありますが、安い物では大まかな目安として留袖や振袖は2000円~、作家物や友禅のものでも3000円~など、数千円で買い取られることもあるということを知っておきましょう。

その上で、できるだけ高く買い取ってもらうには着物に関する知識が豊富で見る目を持った業者を選ぶことが大切です。街のリサイクルショップではなく、ここは着物買取専門店に依頼することをお勧めします。出張買取を行っているところや見積もり無料のところもあるのでいくつかの店舗で見積もりを出し、比較して決める方法もお勧めです。

買取エリア

壱岐市/諫早市/雲仙市/大村市/北松浦郡(小値賀町/佐々町)/五島市/西海市/佐世保市/島原市/対馬市/西彼杵郡(長与町/時津町)/東彼杵郡(川棚町/波佐見町/東彼杵町)/長崎市/西彼杵郡(時津町)/東彼杵郡(波佐見町/東彼杵町)/平戸市/松浦市/南島原市/南松浦郡(新上五島町)