着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

「晴れの国」岡山県の
繊維産業の変遷

中国地方に位置する岡山県は広島や関西方面への交通の要所として栄えてきました。また、「晴れの国」とも呼ばれるように年間通して晴れている日が多く、気候も温暖なことから様々な産業が発展していきます。中でも繊維は倉敷市児島地区のジーンズが全国的にも有名になりましたが、それだけでなく倉敷は学校制服の生産が盛んであり、井原市でも作業用の衣服やワイシャツなど多くの衣類を生産しています。今や岡山県の地場産業として繊維はなくてはならないものになっています。

岡山県の繊維産業は大きく分けて広島県との県境に位置する井原市のあたりと、県南部に位置し美観地区などの観光名所がある倉敷市のあたりの2箇所が大きな産地となります。井原市を中心とする「備中地域」は、江戸時代より木綿や藍の生産が盛んで備中織物として全国へと広がった歴史があります。その後明治に入ると一時衰退するものの、様々な努力によって現在では作業着やシャツなどの衣類の生産を行いながら現在に至っています。倉敷市を中心とした「備前地域」は江戸時代に大規模な干拓事業を行っており、その土地で綿花を作り始めたことが、繊維産業が盛んになるはじまりだったと考えられています。明治時代になると足袋や学生服、ジーンズなど現在でも生産の主流となっている様々な商品が作られるようになりました。

岡山の繊維産業の中でも全国シェアを大きく占めているのが学生服です。特に男子学生服は全国のおよそ7割が岡山県で生産されているほど盛んです。学生服が岡山で作られるようになったきっかけは、実は足袋作りにあります。足袋の生産量が大正時代には日本一となっていた岡山県でしたが、時代の変化と共に需要が少なくなってくると、その裁断技術を応用して学生服を作るようになりました。現在では少子化や学生服離れなどによって生産が低迷していることもあり、新たな販路の開拓先としてスポーツウェアやジーンズの生産に力を入れ始めているところもあります。

ちょっとレトロにも現代的にも
着こなせる矢絣はかま

着物や千代紙の柄としてよく使われているのが矢羽根模様です。矢羽根模様の「矢羽根」は神社などで良く見かける破魔矢の先端の部分を図面にしたもので、魔除けや縁起物として古くから親しまれてきました。そしてこの矢羽根模様を絣で織った模様のことを「矢絣」と呼びます。絣とは、織物を織る技法の1つで、あらかじめ染色しておいた糸を経糸(たていと)や緯糸(よこいと)に置いて織り上げる方法です。絣では平織りと呼ばれる左右対称のシンプルな柄のものが多いですが、中には模様を織り込む技法もあります。矢羽根と比べて矢絣は羽根模様の輪郭がじんわりとぼやけたような見た目になります。

矢絣の模様自体は古くからありましたが、それが注目を集めるようになったのは明治から大正時代にかけてです。その当時、江戸時代とは変わって女性がどんどん社会に出て行くようになりました。するとそれまで着物で過ごしていた生活スタイルも変わり、より活動しやすい格好が求められるようになります。女性のための袴が登場すると、その海老茶色の袴に矢絣の着物を合わせるファッションが流行しました。現在でも大正時代にいきいきと暮らしていた女性の生き方を描いた漫画の影響などにより、大学の卒業式には袴に矢羽根模様、矢絣の着物を合わせた大正ロマンスタイルも女性に人気があります。

現在では伝統的な模様である矢絣をより現代的なデザインに落とし込み、クラシカルではあるけれども少し地味な印象だった矢絣をより華やかに見せてくれる物も見られます。卒業シーズンに人気ですが、矢絣模様は着物を着る時に気になる季節などには関係なく1年を通して着ることができます。また矢は真っ直ぐに進むことなどからも縁起物のモチーフとして扱われているため着ていてもおかしくありません。こうした意味でも着物初心者の人にも着やすく、カジュアルなオシャレを楽しむことができる柄と言えるでしょう。大正ロマンを感じさせるレトロさとシンプルな美しさがある矢絣は普段着として着て歩くのにも適しています。

岡山市で着物の買取を考えていたり
着物の汚れに悩んでいる方

岡山市は岡山県の南東部に位置し県庁所在地であり、政令指定都市でもあります。山陽新幹線が走っており、大阪方面や九州方面へのアクセスも便利なことに加え、瀬戸大橋の開通によって四国との行き来も便利になりました。岡山県と言えば桃太郎の話を思い浮かべる人も多いでしょう。岡山市は桃太郎伝説発祥の街としても有名で、お土産の定番には吉備団子もあります。岡山市の気候は年間通して晴れの日が多く、温暖なためマスカットや白桃の栽培も有名です。市の中心部には日本三名園の1つである後楽園や岡山城といった観光地もあります。市内には路面電車も走っており、風情ある街並みを楽しめます。食べ物ではママカリの酢漬けやママカリ寿司といったママカリ料理や岡山県内でチェーン展開もしているえびめしなどが有名です。また、吉井川を流れる清らかな水があることから全国屈指の大きさのビール工場もあります。隣接する備前市は備前焼の町としても有名です。

岡山市で着物の買取を考えているという人はいるかと思います。しかし、着物を着ているとついうっかり汚れやシミが付いてしまうことは誰にでも起こります。こうした時に汚れをきれいにする方法を紹介します。

ファンデーションや口紅などの油性のメイク用品やボールペン、マジックの汚れはベンジンで落とします。白い綿のガーゼにベンジンを含ませ、着物の下に布を当てて上からトントンと叩きます。お茶やコーヒーなどの水性の汚れはシミの部分に食器用中性洗剤を15倍程度に薄めた液で濡らします。着物の下に当て布をして、上から白い綿ガーゼでトントンと叩きます。マヨネーズやチョコレートなどの油性と水性が混ざったものは、最初に油性の汚れを落とす手順を行ってから水性の汚れを落とす手順に移ります。当て布は色が落ちてもよいものを選び、叩くときはこすらないように気をつけます。

それでも落ちない場合には専門のクリーニングに出すことも考えましょう。着物を高く買い取ってもらう場合には状態が良い物のほうが高額で買い取ってもらえる場合が多いです。着物のメンテナンスや管理にも気を配ってみましょう。

買取エリア

英田郡(西粟倉村)/赤磐市/浅口郡(里庄町)/浅口市/井原市/岡山市/小田郡(矢掛町)/加賀郡(吉備中央町)/笠岡市/勝田郡(勝央町/奈義町)/久米郡(久米南町/美咲町)/倉敷市/瀬戸内市/総社市/高梁市/玉野市/都窪郡(早島町)/津山市/苫田郡(鏡野町)/新見市/備前市/真庭郡(新庄村)/真庭市/美作市/和気郡(和気町)