着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

佐賀市で高く着物を
買い取ってもらう方法は?

佐賀市は佐賀県の県庁所在地であり、行政や経済の中心部でもあります。九州最大の湾であり、アリアケシラウオやスズキなどの様々な魚類や貝類などが生息する有明海に面しており、福岡県とも県境を接している佐賀市は豊かな水資源に恵まれ、多くの史跡が残っている風光明媚な街です。かつて貿易港として栄えていた長崎にも近いことから、その文化を受け継いだ砂糖やもち米、小麦を使ったお菓子も様々な種類のものが出回っています。市内の嘉瀬川河川敷で毎年秋になると佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、各国から多くの人が集まります。色とりどりの熱気球が空に舞い、住宅地の上を飛び交う姿は壮観です。また、佐賀市のご当地グルメとして最近注目を集めているのが『シシリアンライス』です。牛肉と玉ねぎを甘辛く炒めたものとレタス、トマトなどの生野菜をご飯にのせてマヨネーズをかけて食べるシシリアンライスは、現在では佐賀市内の飲食店だけでなく家庭でも食べられるようになってきました。

佐賀市で着なくなった着物の買取を考えている人はいるかと思います。大切な着物だからこそ、できれば高く買い取ってもらいたいものです。そのためにはまずどのような方法で着物を買い取ってもらえるか調べることが大切です。

着物の買取方法は大きく分けて3つあります。1つ目は、地元のリサイクルショップに持ち込む方法です。しかし、着物以外のものも扱っているリサイクルショップの場合、着物自体の買取を行っていない業者もあったり、着物の価値を正しく判断されず満足できない結果に終わることもあります。

2つ目は、ネットに売買に出すという方法です。オークションやフリマアプリなどを利用して買い手を探す方法ですが、買い手が見つからない場合もあり、また商品の管理や発送を自ら行う手間がかかるためお勧めできません。

最後に、着物買取専門店の出張買取を利用する方法です。この方法であれば、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要もなく、出張料や査定料が無料のところもあります。着物買取専門店であれば知識を持ったスタッフが対応してくれる可能性もあり、高額査定の期待も持てます。

佐賀県唐津市
着物の買取を考えている方へ

玄界灘を臨む佐賀県の北西に位置する唐津市は、唐津くんちや呼子朝市などでも観光客に人気の街です。市の北側には玄界灘が広がっており、対馬海流によって多くの魚がやってくることから世界でも有数の漁場がある街でもあります。また、唐津湾の湾沿いにクロマツの林が広がる虹の松原は日本三大松原の1つでもあり、美しい松林を楽しむことができます。その他にも唐津城や国の史跡にもなっている菜畑遺跡など様々な見どころに溢れる街です。特産品として有名な物には市内各所に工房や販売所がある唐津焼があります。日本の伝統的工芸品にも指定されており、素朴な中にもどっしりとした趣があるのが特徴です。また、虹ノ松原で生える松露とよばれるキノコをイメージして作られた松露饅頭や、手作りで作られる松原おこしなどの和菓子も有名です。こうした和菓子の数々は米作り発祥の地とも言われており、お茶文化が広く受け入れられていた唐津市ならではの名産品といえるでしょう。

佐賀県唐津市で着物の買取を考えている場合、まずは適切な価格で買い取りを行ってくれる業者を探すことが大切です。着なくなった紬や振袖などをできるだけ高く買い取ってもらう方法について紹介します。

着物の買取には様々な方法がありますが、近所のリサイクルショップに持っていくという方法は、もしかしたら極端に安い価格になってしまったり、着物自体を買い取ってもらえないという事態に陥る場合があります。安く買い叩かれない為にもまずは着物の買取相場を予め調べておくことをお勧めします。

また、多くの場合買い取ってもらえるのは正絹の着物です。木綿やウール、化学繊維のものは買い取ってもらえないこともあるので注意が必要です。中には着物状態があまり良くないものもあるでしょう。汚れていたり状態が良くない着物は以前であれば買い取ってもらえないこともありましたが、現在は海外の方を中心に着物の人気が広がっており、需要を見込んで買い取ってもらえる可能性もあります。買取に出すなら、まずはしっかりした知識を持っている着物買取専門店へ査定をお願いしてみることをお勧めします。

佐賀に春を告げるお祭、
佐賀城下ひなまつりを着物で楽しもう

春の訪れを知らせてくれる雛祭りは、古くから雛人形を飾って女の子のすくすくとした成長を願う日本の伝統行事の1つです。全国各地で雛祭りのイベントを行っている自治体はありますが、佐賀市の佐賀城下ひなまつりは街のあちこちでお雛さまが出迎えてくれるだけでなく、様々な楽しいイベントも行われています。

佐賀城下ひなまつりは毎年2月から3月にかけて行われ、2018年で18回目を迎えました。会場は佐賀市歴史民族間や徴古館などを中心に、佐賀藩主であった鍋島家の女性たちが所有していた雛人形などが展示されています。徴古館では佐賀の伝統工芸の技がいきる風情あるお雛様や雛道具が飾られており、見ているだけでもその豪華さに惹き込まれます。また、旧三省銀行では美しく豪華絢爛な鍋島緞痛(なべしまどんつう)と呼ばれる和絨毯の展示も見ることができます。

その他にも様々な見どころがありますが、佐賀城下ひなまつりの期間中は展示のみではなく、コンサートや和楽器の演奏、伝統芸の披露など様々なイベントも行われています。また、手作りの小物や陶器、花などを販売するマーケットも開かれたくさんの人で賑やかになります。散策マップもあるので、疲れてしまったら途中でランチやお茶を楽しみながらゆっくりと見て回るとよいでしょう。所要時間は2~3時間程度をみておくと余裕を持って楽しめます。

お雛様が出迎えてくれる素敵な街並みを粋な着物姿で歩くこともできます。着物の着付けサービスを行っている店舗があり、着物をレンタルすることも可能です。着物や帯を選べるだけでなくプランによって小物類も貸し出しており、オプションでヘアメイクをしてもらうこともできます。自分で着物を用意しなくてもよいので気軽に街歩きができる点がメリットです。女性用の着物だけでなく、男性用や子供用の着物もあるので家族揃って着物を満喫できるでしょう。この時期はお客さんも多いので事前に予約することをお勧めします。

買取エリア

伊万里市/嬉野市/小城市/鹿島市/唐津市/神埼郡(吉野ヶ里町)/神埼市/杵島郡(大町町/江北町/白石町)/佐賀市/多久市/武雄市/鳥栖市/西松浦郡(有田町)/東松浦郡(玄海町)/藤津郡(太良町)/三養基郡(上峰町/基山町/みやき町)