着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

島根県安来市に伝わる
広瀬絣の魅力

島根県の安来市(旧能義郡広瀬町)でつくられてきた広瀬絣は隣県である鳥取県の倉吉絣、弓浜絣と並び山陰の三絵絣として知られています。その始まりは、江戸時代の文政年間に1人の女性が現在の鳥取県米子市から絣の染織りを習いその技術を持ち帰って広めたことからだったと言われています。それまで庶民が着る衣服は主に麻で作られており、絣模様の美しさと木綿の肌触りの良さが女性たちの間で人気になり広がっていきました。広瀬絣の特徴は大柄な模様にあり、遠目から見ても柄がはっきりと見えるデザインのものも多くあります。

明治時代に入ると生産量も増え、その評判は全国にまで広がるようになります。しかし、大正4年の広瀬大火で大きな打撃を受けた影響などによって生産量は減少していきます。しかし昭和に入り、改めて広瀬絣の技術を保存していく流れができ、広瀬絣振興会が結成されました。現在でも広瀬絣はその伝統を後世に伝えるための活動が行われています。

広瀬絣の特徴である大柄な模様には、幾何学模様や縁起物が描かれたもの、とんぼの柄など様々なバリエーションがあります。伝統的なものから現代でも使いやすいデザインのものもあり、バッグや小物入れなどのグッズも作られています。

古き良き文化を守り続けている島根県ではもう着ることがなくなってしまった着物の買取を考えている人もいるでしょう。着物の買取価格は状態がいいほど高く買い取ってもらえます。また、証紙やたとう紙、箱などの付属品があるとより良いでしょう。特に証紙がある場合には必ず一緒に査定してもらうことをお勧めします。もし着物をきちんと査定して買い取ってもらいたいと思うのであれば、豊富な知識や経験を持っている着物買取の専門店を利用することをお勧めします。インターネットで検索すると口コミや評判も調べることができるので良さそうな業者を探してみましょう。査定料無料のところもあるので、まずは気になったところで見積もりをしてもらってはいかがでしょうか。

島根県の伝統工芸、
安来織の魅力について

東西に長い島根県の東端にある安来市は安来節やどじょうすくいなどで知られている街です。そこで現在まで受け継がれている工芸品が安来織です。山陰地方のこのあたりには現在は安来市に合併された旧広瀬町に広瀬絣が、隣県の鳥取県には弓浜絣や倉吉絣といったその地域の絣織物がいくつか見られます。藍で先染めした木綿の糸を使った絵絣と呼ばれるもので、濃い藍色の地の中にやや薄い藍色の糸で絵柄や文字などを織り込んでいきます。洗えば洗うほど模様がはっきりと見えるようになり、長らく使ううちにその変化を楽しむことができます。

安来織の技法が確立したのは江戸時代と言われていますが本格的に織られるようになったのは第2次世界大戦が終わってからになります。以前は絹糸を使って織っていたものが、戦争の影響で絹が手に入りにくくなると木綿を代わりに使っておられるようになります。緯糸(よこいと)の部分は手で括りながら丁寧に織られていきます。島根県の伝統工芸としても指定され、現在ではのれんや風呂敷などの小物に使用されています。

今では小物を中心に織られており、着物や帯はほとんど見かけませんが、かつては安来織で帯が作られていたこともあったそうです。島根県で着物を買い取ってもらいたいと考えている人は、安来織の帯などに限らず高く買ってもらうためには状態の良さが重要です。着物は湿気を嫌います。最近着物をちゃんと見ていない、保管方法がいい加減かもしれないと思う人は、今一度きちんと保管されているか確認してみることをお勧めします。

また、高く買い取ってもらうには何でも取り扱っている近くのリサイクルショップよりも、着物の価値をしっかり理解しており見る目がある着物買取の専門店に頼んだほうがよいでしょう。査定料無料のところもあるので、できれば複数の業者に査定してもらい価格を比較してみることをお勧めします。大切にしてきた着物だからこそ、満足のいく買取結果になることを願っています。

職人のこだわりが見える
島根県の出西織

織物の中には手作りにとことんこだわって作られた作品もたくさんあります。島根県の出雲地方で作られている出西織もそんなこだわりある織物の1つです。出西織を作っている工房では、糸の材料となる綿の栽培から行われています。丁寧に畑で育てられた綿を収穫され、原料は出雲地方でつくられた綿のみで作られます。

染色の工程にもこだわりがあります。藍は国産のものを使い、熟練した技を必要とされる発酵建てという技法で染められます。染め上がった糸を織機にセットし、糸の色の濃淡を組み合わせながら独特の表情を作り上げていきます。

出来上がった織物は日常生活に使いやすい素朴ながらもしっかりとした存在感のある風合いで、使い込むほどに味が出ます。作られているものは主にコースターや花瓶敷き、ランチョンマットなどの小物です。美しい藍のコントラストが描く作品は生活を明るく華やかにしてくれる魅力があります。出西織は家族経営で作られているため生産量が少ないですが着物の生地や帯を作っていることもあります。

島根県で着なくなってしまった着物を買取に出したいと考えているのであれば、まずは買取ができる業者を探すところから始めてみましょう。着物を買い取ってもらう方法には、リサイクルショップに持ち込んだり、ネットオークションやフリマアプリなどを利用するという方法もありますが、商品を店舗まで持っていったり写真を撮影して商品の説明文を書いたりといった細々したことが手間に感じる人もいるかと思います。そして、様々なものを取り扱っているリサイクルショップでは、着物の専門知識がない人によって必要以上に安価で買い叩かれる可能性もあります。

着物を買い取ってもらうならその価値をしっかりわかっていて、買取実績が豊富な着物の買い取り専門店にお願いしてみることをお勧めします。出張買取を行っている業者もあり、買取をキャンセルしても出張料や査定料がかからないところもあるので、良く調べて使いやすい業者を選ぶようにしましょう。

買取エリア

飯石郡(飯南町)/出雲市/雲南市/大田市/邑智郡(邑南町/川本町/美郷町)/隠岐郡(海士町/隠岐の島町/知夫村/西ノ島町)/鹿足郡(津和野町/吉賀町)/江津市/仁多郡(奥出雲町)/浜田市/益田市/松江市/安来市