着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

東京都に伝わる絣模様を
活かした紬、村山大島紬

村山大島紬は、東京都で誕生した紬織物です。名前の由来は、主な産地のひとつに武蔵村山市が含まれているためです。その他、瑞穂町、昭島市も含まれています。藍色を主な風合いとしており、さわやかかつ落ち着きのある青が何とも上品でなりません。夏の祭り時期には、特に映えそうな印象です。生糸の木綿糸が主な素材であるだけに、実際に涼やかな着心地が楽しめます。

特徴としては、経糸および緯糸に絣糸をもちいた柄でしょう。日本ならではの絣模様で、やさしく優雅な印象に仕上げていきます。またそれら糸は、手作業で柄合わせするため、職人の技術が大きく反映されます。今に伝えられる、古くから続けられる伝統技法が色濃く味わえることでしょう。

また藍色といっても、さまざまな風合いが存在します。黒や紺に近いような濃いものから、水辺を思わせるような清涼感ある青、さらにはグレーみの強いかなり薄い仕上がりまで多種多様です。日本人ならではの繊細な感性が、惜しげもなく反映されているといった印象です。同じ藍でもまったく雰囲気が異なるので、使うシーンも違ってくることでしょう。複数枚持っておけば、ケースに合わせて楽しみ方が変えられそうです。

もともと、東京都武蔵村山市では木綿織物製造が盛んにおこなわれていました。記録では、江戸の元禄期から縞の木綿織物が織られ始め、文化期に入ると村山絣が誕生したと記されています。木綿も絣も農民に手が届く存在であったため、多くの住人が織物に力を注ぎ、そして年月を経て育てられ、磨かれていったそうです。ですがまだ、村山大島紬とは呼ばれていませんでした。

実際に村山大島紬の基礎が誕生したのは、明治中期以降、木綿や絣が群馬県伊勢崎において発展しはじめてからです。この地は先進地でもあったため、東京都村山以上の広がりが起こり始めました。そこで東京都側は、木綿から大島紬製造へと方向性をシフトしたのです。こうした背景もあり生まれたのが、今日の村山大島紬であるというわけです。

優雅で美しい絵柄が織物を
彩る、東京都の東京手描友禅

東京都といえばすっかり都市的なイメージが根付いた昨今ですが、もとは粋で人々の熱気に溢れた町江戸に他なりません。そのため、そんな東京都に伝わる伝統的な工芸には、豊かで味わいあるものは多くみられます。中でも東京手描友禅は、他地域の織物文化にはあまりみられないような優雅な美しさが伴います。和服を好む人であれば、知っておいて損はないでしょう。

主な製造地は新宿・練馬・中野各区となっており、まさに都会の中心といった印象です。ですが東京手描友禅には、古き良き江戸の心意気がしっかりと受け継がれています。青花等によって下絵を描いたのち、糸目糊・白付け糊・堰出し糊・伏せ糊・ろうなどを使って防染処理をおこないます。そして筆や刷毛で東京手描友禅の魅力である、美しい絵柄を描いていきます。防染をしっかりおこなうため、はっきりとした模様が浮かび上がり、まさに芸術作品といったレベルに仕上がります。その他、作品によっては型紙による紋章上絵や刺繍を施すこともあるようです。

このように、東京手描友禅は幅広い技法が使用可能です。そのため、でき上がる作品の種類もさまざまです。こだわって探すことで、かならずお気に入りの一点に出会えることでしょう。

技術が誕生したのは、江戸時代といわれています。江戸幕府開設にともない、京都からお抱え染め師や絵師が移り住み、その際にさまざまな技術や技法が伝承されました。その中のひとつが、京都の絵師により創始された東京手描友禅です。現在の東京都と同様、当時の江戸もまた、ファッションの流行に敏感な人が多かったといわれています。そんな厳しい目をもつ人々に囲まれて研鑽された結果が、現在の優雅で美しい仕上がりとなっています。

特に絵師で賑わいを見せたのは、神田川沿いであったといわれています。友禅に欠かせない水を用意しやすいため、好まれたのだそうです。京都からやってきて、江戸の人と町と共に育った東京手描友禅は、目も心も満たす、東京都を代表する伝統的技法に他なりません。

独特の分業システムによる
丁寧な仕上がり、東京都の多摩織

多摩織は、東京都八王子市で織られている伝統的な織物です。とはいえこれはひとつの織物の名称というわけでもありません。御召織・風通織・紬織・もじり織・変り綴の5つからなる織物の総称となっており、八王子市における織物の歴史が詰まった存在といえます。

御召織と紬織りは、先染めもしくは先練りにおける平織り、そして綾織り、朱子織といった変化織となっています。風通織りは、ジャガード機やドビー機と使って作るいわば二重織です。変り綴りは、先染めから織る平織り、また平織りの変化織といった具合に、それぞれで特徴が異なります。多摩織というひとつの伝統に注目することで、幅広い織物を楽しむことができるでしょう。

また生産工程の特色として外せないのが、多摩織は分業によってつくられるという点です。織物業・意匠紋紙業・糸染業・糊付業・整経業・絣加工業・捺染加工業・撚糸業・機拵業・整理加工業といったそれぞれを分担して担当することにより、いずれの作業も高いクオリティが維持できます。その結果、多摩織ならではの高品質で渋い味わいが実現されています。一般的な織物においては、むしろひとつの工場や職人が一貫して作ることを良しとしているケースが多いので、珍しい体制であるといえるでしょう。

東京都八王子市で織物が栄えた理由には、古くから織物業に適した地であったことが挙げられます。八王子は、かつて桑の都と呼ばれるほどに、養蚕でにぎわっていました。そんな理由から、織物に励む人が多く住んでいたのです。1573~1592年の天正年間の八王子城下では、そんな養蚕と織物でにぎわっていたことを表す和歌も歌われていたと伝えられているほどです。

産業として定着したのは、室町時代後期のことです。多摩川ほとりにやってきた有力者により、織物産業を奨励されたことがきっかけとなり、産地として形が整ったのです。以後、明治期に入って急速に文化が発展したこと、独自の技術開発を進めたことで、今日の伝統的工芸品にも選ばれる存在へと至りました。

買取エリア

【東京23区】港区/渋谷区/新宿区/大田区/品川区/杉並区/ 墨田区/世田谷区/台東区/千代田区/豊島区/中野区/練馬区/目黒区/足立区/荒川区/板橋区/江戸川区/葛飾区/北区/中央区/江東区/文京区 八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市