着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

山口県柳井市で
長く親しまれてきた柳井縞

山口県柳井市は落ち着いた白壁の町並みが美しい瀬戸内海に臨む街です。海に面しているということもあり、漁業が盛んで風光明媚な街です。柳井市には伝統工芸品に金魚の形をしたちょうちんがあり、駅や街中でその姿を見ることができます。金魚ちょうちんの他にもこの地域で受け継がれている柳井縞と呼ばれる木綿の織物も有名で、柳井縞の染料はこの金魚ちょうちんの色付けにも使われていたりします。柳井市で長らく親しまれてきた柳井縞の歴史やその特徴について紹介します。

江戸時代より周防のあたりでは盛んに白木綿が生産されていました。江戸中期になるとこのあたりで作られた木綿は柳井木綿として全国にその名前が知られていくようになります。しかし、明治時代後半には次第にそれも衰退していき、大正時代になると柳井縞は入手困難な幻の織物となってしまいます。一度は消えかけてしまった柳井縞ですが、近年復活を望む声が出始め、「新生柳井縞」として新たに作られるようになりました。

柳井縞の特徴は手織りで、糸を染める染料の多くは草や木から取った植物染料になります。柔らかな生地に素朴な愛らしさがあり、縞の良さを残しています。現在では昔ながらの模様に加え、鮮やかな色合いのものも作られるようになり、着物の他にバッグなどの小物類も作られています。

柳井市で着なくなった着物を買い取ってもらいたいと考えている人もいるかと思います。もし、箪笥に眠ってしまっている着物があったら査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。着物をできるだけ高く買い取ってもらおうと思うと未使用かそれに近いくらい状態が良い物のほうが買取価格は高くなります。しかし、着物はリサイクルショップならどこでも買い取ってもらえるものでもありません。その際には着物の価値をしっかり判断することができるスタッフがいる着物買取を専門に行っている店舗を選ぶことをお勧めします。インターネットで買取の申込みができるところや出張買取を行っている店舗もあります。まずはどのような買取店があるのか探してみてはいかがでしょうか。

着物で昔ながらの美しい街並みを
散策できる「着物ウィークin萩」とは?

日本で暮らしていながらも、普段はなかなか着物を着る機会がないという人も多いかと思います。着物を着て昔ながらの落ち着いた街並みを散歩するのは随分と優雅なことでしょう。山口県萩市は日本海に面した歴史ある街です。吉田松陰が開いた松下村塾からは高杉晋作や伊藤博文ら幕末から明治維新にかけて活躍した人物を多く育成し、排出してきました。現在でも松下村塾や江戸時代につくられた史跡などが残されており、国内外から多くの観光客が訪れています。この落ち着いた街の中を着物で歩くことができるイベントが着物ウィークin萩です。着物ウィークin萩は毎年秋に開催されており、着物を着て街を散策できるだけでなく特別割引を受けられる施設もある楽しいイベントです。着物ウィークin萩の楽しみ方について紹介します。

着物を持っていない、自分で着付けができないという人でも着物ウィークin萩ではイベント期間中に気軽に着物を着て歩いてもらえるよう、着物レンタルと着付けを行っています。着物を着る時の下着にあたる肌襦袢や足袋もレンタルに含んでいるため手軽に楽しむことが可能です。着付けもしてもらうことができ、着付けも含んだ着物レンタルが4000円、自分で着物を持ち込み、着付けのみの場合は2000円で体験できます。レンタルできる着物は女性物でアンティーク着物を含む130着が用意されています。

街中の施設では着物を着ている人に着物割引きがあったり、ボランティアカメラマンが無料で写真を撮影してくれるフォトプレゼントのサービスもあるので楽しく過ごせます。また、萩の街と美しい着物姿を撮影した写真を応募できる着物フォトコンテストも実施しています。古きよき落ち着いた街並みは着物で歩くにはぴったりです。ぜひ気に入った撮影ポイントを見つけたら記念撮影してみてはいかがでしょうか。

普段着慣れていない着物だけに、着崩れてしまった時が心配だという人も、も着物ウィークin萩の期間中は無料でお直しをしてくれるサービスもあり、安心して着物で街の中を散策することができます。

山口県山口市はどんな街?
雨の日に着物を守ってくれるお役立ちグッズを紹介

山口県山口市は県の中央あたりに位置し、県庁所在地でもあります。南北に長く、北は島根県と県境を接し、南は瀬戸内海に面しています。市内には二級河川の椹野川(ふしのがわ)が流れ、その両岸に市街地があります。市の中心部は温暖な気候で雨量も少ないですが、北端のあたりは中国山地に面していることから寒暖の差が激しい地域です。山口市は県庁所在地ではありますが、県の経済や産業の中心になっているのは古くからの港町である下関市や工業地帯である宇部市や周南市のほうが目立っていると言えます。市内の瀬戸内海に面した地域では漁業を営んでいる人が多い点と、椹野川ではアユなどの魚が養殖されています。市の南西部には湯田温泉の歓楽街があり、約600年前から出ていると言われている温泉を楽しめる宿泊施設などが建ち並んでいます。名産品には南北朝時代にこのあたりを治めていた大内氏が作らせたといわれる流れをくんだ大内人形や、お茶請けにも良い外郎などがあります。

山口市で着物を楽しみながら着ているという方も多いと思います。しかし、着物を着る上で困るのが雨の日です。ぞうりで歩くと足元が濡れてしまったり、泥はねなどで汚れたり水気を嫌う着物にダメージを与えてしまうことが起こるかもしれません。大切な着物を守る為の雨の日対策グッズを紹介します。雨の日に便利なのが雨コートです。足元まですっぽりと覆える丈の物が人気で、最近ではデザイン性の高い物も多くビニール製のレインコートのような安っぽさを感じさせません。上下がツーピースに分かれたタイプのものとサッと身につけることができるオールインワンタイプがあります。雨の日にどこよりも気になるのが足元です。特に着物に合わせて草履を履いていると爪先が無防備で水はねや泥羽によって足袋が汚れてしまうことがあります。こうした時に便利なのが爪先部分に透明カバーがついた雨用の草履です。雨の日でも着物でオシャレをしたいという人に、こうしたグッズはとても便利でしょう。

買取エリア

阿武郡(阿武町)/岩国市/宇部市/大島郡(周防大島町)/玖珂郡(和木町)/下松市/熊毛郡(上関町/田布施町/平生町)/山陽小野田市/周南市/下関市/長門市/萩市/光市/防府市/美祢市/柳井市/山口市